大腸がん

大腸がん

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>消化器系>>大腸がん
カスタム検索

大腸がん
大腸がんは、動物性脂肪や蛋白質の過剰摂取(食事の欧米化)などにより、日本でも近年急速に増えています。
大腸がんになる頻度は男女ともに同じで、60代がいちばん多く、70代・50代と続きます。
若年者の大腸がんでは遺伝的な素因もあるようです。
早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状はなく、大腸がん検診や人間ドッグなどの便潜血検査で見つかることがほとんどです。
左側大腸がんでは、比較的早期から便に血が混ざっていたり、血の塊が出たりする症状がみられます。管腔が狭く内容物も固まっているため、通過障害による腹痛・便が細くなる・残便感・便秘と下痢を繰り返すなどの症状が現れて放っておくと完全に管腔が塞がって便もガスも出なくなり、腸閉塞と呼ばれる状態になります。
右側大腸がんでは、管腔が広くかつ内容物が液状のために症状が出にくく、症状があっても軽い腹痛や腹部の違和感などです。かなり大きくなってから腹部のシコリとして触れたり、原因不明の貧血の検査で発見されることもあります。


初診に適した科 ⇒ [内科][消化器科][消化器外科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved