ビタミンK欠乏症

ビタミンK欠乏症

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>代謝・栄養系>>ビタミンK欠乏症
カスタム検索

ビタミンK欠乏症
ビタミンKは脂溶性ビタミンであり、肝臓に於いて、各血液凝固因子の生成に関係しています。また、オステオカルシンという蛋白質を活性化することによって骨の形成を促進する働きもあります。
正常な状態では、腸内細菌叢でビタミンKが十分に作られるために、ビタミンK欠乏症は起こりません。
しかし、未発達な新生児や乳児・抗生剤投与などの原因で腸内細菌数が減った人などでは本症が起こることもあります。
生後2〜3日に下血が起こる新生児メレナという現象がみられることがありますが、これは腸内細菌叢の発達によるビタミンK産生の増加とともに自然に改善します。
乳児のビタミンK欠乏性出血症では、出生後順調に育っていた乳児が、生後1カ月頃に下血や頭蓋内出血を起こして死に至る例もあります。


初診に適した科 ⇒ [内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved