ビタミン欠乏による神経障害

ビタミン欠乏による神経障害

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>代謝・栄養系>>ビタミン欠乏による神経障害
カスタム検索

ビタミン欠乏による神経障害
人間が必要とする栄養素としては、蛋白質・脂肪・炭水化物・塩分や鉄分などの無機質・ビタミンがあります。
この中でビタミンは体内では合成されないので、微量を摂取することで十分ですが、毎日摂る必要があります。
ビタミンが不足すると正常な生理機能・物質の代謝・成長・生命維持に障害を来すので欠かすことができません。


ビタミンには水溶性ビタミン(ビタミンB1・B2・B6・B12・ニコチン酸・葉酸・パントテン酸・ビタミンC)と、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)とがあります。
脂溶性ビタミンは熱に対して比較的安定で、必要以上に摂ると肝臓に貯蔵されるので、過剰投与すると障害を引き起こします。
例えばビタミンAが不足すると、夜盲症や成長の遅れが起こりますが、過剰にビタミンAをとると頭痛・感情が過敏になる・頭蓋内圧が高くなる等の症状が現れます。
小児では頭痛や嘔吐などの症状も出るので、脳腫瘍との見分けが必要になることがあります。
脂溶性ビタミンは、摂り過ぎないことが大切です。


水溶性ビタミンは、熱に弱いため調理法に気をつける必要がありますが、過剰に摂っても尿として排泄されるので毒性はありません。
神経症状を来すビタミンB1・B6・B12・ニコチン酸の欠乏は、偏食が原因です。
アルコール多飲のために必要なビタミンB1がアルコールの代謝に使われてしまって、体内で不足することもあります。


神経症状を来すビタミン欠乏症には、以下のようなものがあります。
●B1の欠乏では、手足の先に痺れや脱力を来す末梢神経障害、脳の障害ではウェルニッケ脳症がみられます。
ウェルニッケ脳症はアルコール多飲の人で起こることが多いのですが、無欲状態になり、眼の動きも悪くなって、両下肢のバランスを欠くふらつき歩行がみられます。


●B6の欠乏では、けいれんや痴呆がみられます。


●B12の欠乏では、貧血のほかに末梢神経障害や脊髄(せきずい)障害、痴呆(ちほう)がみられます。


●ニコチン酸の欠乏では、意識障害、痴呆、固縮などがみられます。


初診に適した科 ⇒ [神経内科][内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved