ビタミン障害

ビタミン障害

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>代謝・栄養系>>ビタミン障害
カスタム検索

ビタミン障害
ビタミンのほとんどは体内で作られないため、食事から摂る必要があります。
ビタミンの役割は、身体の代謝を調節して体調を維持するために必要な栄養素です。
レトルト食品・ファーストフード・頻繁な外食など食生活が変化していること、朝食を摂らない、偏食など不適切な食生活によりビタミン欠乏が起こりやすくなっています。
また、ビタミン欠乏を補おうと、サプリメントなどからビタミンを摂取することで、逆にある種のビタミンが過剰摂取になることもあります。
欠乏症を起こしやすいビタミンにはA・B1・B2・ナイアシン・C・Dがあります。


症状の現れ方は、以下の通りです。
・ビタミンA欠乏―夜盲症・目の乾き・皮膚のかさつき
・ビタミンB1欠乏―脚気・食欲不振・疲れやすい
・ビタミンB2欠乏―口内炎・口唇・口角が荒れやすい
・ナイアシン欠乏―口内炎・皮膚のかさつき
・ビタミンC欠乏―皮下出血しやすい
・ビタミンD欠乏―くる病・骨変形


初診に適した科 ⇒ [小児科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved