肥満症(メタボリックシンドローム)

肥満症(メタボリックシンドローム)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>代謝・栄養系>>肥満症(メタボリックシンドローム)
カスタム検索

肥満症(メタボリックシンドローム)
肥満自体は疾患ではなく、体脂肪は、エネルギー補給機能・体温を維持するための断熱作用・内臓の保護作用などの良い役割も持っています。
しかし、肥満があると様々な合併症を起こしやすくなります。


肥満に基づく健康障害を合併した場合やその危険が高い場合を『肥満症』といいます。
最近では、肥満の合併症は肥満度が高いことのみで起こるのではなく、むしろ内臓脂肪が蓄積する『内臓脂肪型肥満(上半身肥満)』で起こりやすいこと云われています。


肥満の自覚症状として頻度の高いものは、呼吸障害です。
睡眠時に、いびきや10秒以上の無呼吸が頻繁に認められ(睡眠時無呼吸症候群)、昼間の注意力障害・居眠りを起こしたりします。更に重症になると、チアノーゼ・多血症・右室肥大・右心不全などを起こすこともあります(ピックウィック症候群)。


また、過度の体重負担により、下肢の関節(股関節/膝関節)・腰椎の障害・腰痛・下肢痛などを起こします。
更に、肥満により様々な健康障害を起こしやすくなります。
2型糖尿病・高血圧・高脂血症・高尿酸血症・痛風・動脈硬化症(心血管障害/脳血管障害)・脂肪肝は肥満により2〜5倍合併しやすくなります。
これらの合併症は、皮下脂肪型肥満よりも内臓脂肪型肥満のほうに起こりやすいことが解かっています。


内臓脂肪蓄積に基づいて複数の疾患が集積した病態は、最近では『内臓脂肪症候群』あるいは『メタボリックシンドローム』と呼ばれており、動脈硬化から心筋梗塞などを起こしやすいものとして注目されています。
こうしたことから、内臓脂肪型肥満はハイリスク肥満とも呼ばれています。


初診に適した科 ⇒ [内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved