ビタミンD欠乏症

ビタミンD欠乏症

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>代謝・栄養系>>ビタミンD欠乏症
カスタム検索

ビタミンD欠乏症
食べ物からのビタミンDの摂取量が不足しても、適度に戸外で紫外線を受けていればビタミンD欠乏症はほとんど発症しません。
しかし、日照の不十分な地域に住んでいる人や屋外に出られないお年寄りなどは、ビタミンDの摂取不足によるビタミンD欠乏症が起こります。
ビタミンDが欠乏すると、乳幼児や小児では『くる病』、成人では骨軟化症が現れます。


症状は、乳幼児や小児に現れる『くる病』では肋骨や下肢骨の変形が特徴で、成人に現れる骨軟化症では骨の石灰化が特徴です。
『くる病』の発症早期では、X線像で関節部の肥大や二重関節などがみられますが、食事でカルシウムを補充したり、ビタミンDの投与によって症状が改善します。
ビタミンD欠乏状態が長期に続くと、体重の負荷によってO脚やX脚へと変形して歩行障害が現れる場合もあります。


初診に適した科 ⇒ [内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved