あざと母斑症

あざと母斑症

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>皮膚系>>あざと母斑症
カスタム検索

あざと母斑症
あざとは、ある部分の皮膚の色が皮膚全体と比べて違う状態で、その色によって赤あざ・青あざ・茶あざ・黒あざなどと云われています。
この中で生涯の様々な時期に発生し、ゆっくり発育して皮膚の色や形の異常を認めるあざを、医学的に母斑と呼ばれています。
局所的な血管の拡張や増殖によって、血液の色が皮膚を透けて赤く見えるあざを血管腫といいます。


青あざは皮膚のやや深い部分にメラニン色素を産生する色素細胞が増えるために起こり、発生する場所や症状により蒙古斑や太田母斑などと呼ばれています。
茶あざは皮膚の表面のメラニン色素が増加した状態で、扁平母斑や思春期頃に発生するベッカー母斑などに分類されます。また、レックリングハウゼン病にみられる茶あざをカフェオレ斑と呼びます。
黒あざは一般に『ほくろ』といわれるもので、メラニンを産生する母斑細胞からなる良性腫瘍です。


初診に適した科 ⇒ [小児科][皮膚科][形成外科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved