とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>皮膚系>>とびひ(伝染性膿痂疹)
カスタム検索

とびひ(伝染性膿痂疹)
一般に 『とびひ』と呼ばれ、接触によって感染します。とびひ(伝染性膿痂疹)は、黄色ブドウ球菌あるいは連鎖球菌による皮膚の感染症です。
伝染性膿痂疹は2種類に分けられ、ひとつは水疱を生じ、びらんをつくる水疱性膿痂疹、もう一つは炎症が強くかさぶたが厚く付く痂皮性膿痂疹です。


水疱性膿痂疹は、初夏から初秋に多くみられ、乳幼児・小児に好発します。虫刺されや湿疹・すり傷などから発症し、小さな水疱が出来て次第に紅斑を伴ってきます。
水疱は破れてびらんとなり、黄色ブドウ球菌が原因で離れた部位にも伝搬します。
痂皮性膿痂疹は、季節に関係なく発症し、小児より成人に多くみられます。小さな水疱に始まり、膿疱とびらんを生じ、厚いかさぶたへと変化していきます。
発熱・リンパ節の腫れ・時には咽頭痛など全身症状を伴うこともあります。


初診に適した科 ⇒ [小児科][皮膚科][皮膚泌尿器科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved