皮膚アレルギー性血管炎

皮膚アレルギー性血管炎

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>皮膚系>>皮膚アレルギー性血管炎
カスタム検索

皮膚アレルギー性血管炎
皮膚に発症する血管炎のことで、両下肢に発症して潰瘍と紫斑を伴い、多くは成人女性にみられる疾患です。
全身症状はほとんど無く、発熱や関節痛などがあった場合でも軽微です。
原因としては、アルサス型反応(V型アレルギー)で免疫複合体が下腿の血管壁に沈着し、その結果発症すると云われています。
抗原には、体溶連菌・ブドウ球菌・淋菌・マイコバクテリア・B型肝炎ウイルスなどの病原の他に、異種蛋白・自己蛋白などがあります。
症状は、両下腿から足の甲にかけて硬くなった紅斑・紫斑・丘疹・びらん・潰瘍・瘢痕・分枝状皮斑など様々な皮疹が混在してみられます。


初診に適した科 ⇒ [皮膚科][皮膚泌尿器科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved