ケロイド・肥厚性瘢痕

ケロイド・肥厚性瘢痕

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>皮膚系>>ケロイド・肥厚性瘢痕
カスタム検索

ケロイド・肥厚性瘢痕
傷が治る過程に於いて、傷口を治すための組織が過剰に増殖して、シコリになったものがケロイドと肥厚性瘢痕です。
ゆっくりしながらも持続的・進行性で傷の範囲を超えて周囲に拡大するものをケロイドと呼び、組織の過剰増殖が一時的で、傷の範囲内に限られるものを肥厚性瘢痕といいます。
同じ患者さんでも、部位によりケロイドになり易い部位となり難い部位とがあり、傷の発生部位や創部にかかる張力、異物の有無などの局所的要因が重要です。


症状は、ケロイドの場合は、胸骨部・肩・上腕の外側・上背部・恥骨部に発生しやすい疾患です。
手術や怪我の痕のほか、にきびの痕や本人が気づかないような小さな傷から発生します。
表面に光沢のあるやや赤いシコリで、辺縁部はなだらかに隆起し、周囲の皮膚は赤みを帯びています。


肥厚性瘢痕は、ケロイドと同様の部位の他に耳介・臀部・足背などに発生しやすい疾患です。
見た目はケロイドに似ていますが、傷の周囲の健康な皮膚は侵されず、これを押し拡げるようにして大きくなります。辺縁はしばしば急激に盛り上がっていて、時には基部にくびれがあります。
赤みがある間は大きくなる可能性があり、この時期には痒みを伴います。
怪我や手術の痕など明らかな傷跡に発生して、傷が治ったあと2〜3カ月以内に発症し、急速に大きくなりますが、半年から数年たつと小さくなり、やがて平らになります。


初診に適した科 ⇒ [皮膚科][皮膚泌尿器科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved