頸椎椎間板ヘルニア(脊椎疾患)

頸椎椎間板ヘルニア(脊椎疾患)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>骨・関節系>>頸椎椎間板ヘルニア(脊椎疾患)
カスタム検索

頸椎椎間板ヘルニア(脊椎疾患)
頸椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨(ついこつ)からなります。上から第1頸椎、第2頸椎と呼び、一番下が第7頸椎です。
第2〜7頸椎までは、それぞれの間に椎間板が挟まっていて、椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような働きをします。
その構造は、中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。
髄核はボールベアリング、線維輪はバネの働きをしています。


頸椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に亀裂が入り、その中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、様々な神経症状が現れます。
椎間板の年齢的な変化とそれに頸椎への運動負荷が加わることによって起こると云われています。
椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されると、手足の痛みや痺れなどの様々な症状が出てきます。
代表的な症状は首の痛みやこりです。午前中は比較的症状が軽くても午後から夕方になるにつれて症状が強くなるのが特徴と云われています。
神経が脊髄で圧迫を受けているのか、神経根で圧迫を受けているのかによって現れる症状は異なります。


初診に適した科 ⇒ [整形外科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved