PTSD(外傷後ストレス障害)

PTSD(外傷後ストレス障害)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>精神(こころ)系>>PTSD(外傷後ストレス障害)
カスタム検索

PTSD(外傷後ストレス障害)
PTSD(外傷後ストレス障害)とは、死などを意識する位の強烈な体験のために心的な外傷(トラウマ)を負い、以下の特有の症状を生じる障害のことです。
この強烈な体験とは、事故・災害・虐待・暴力や強姦などの犯罪・或いは戦闘等によって自身が死に直面したり、親しい人が死んだりしたことを目撃することを指します。
子供の場合には、虐待やいじめ・放置・他人の被害を目撃した等が成人以上になった時に外傷となる可能性があります。
そのような体験後に、次の3つの症状が生じ、少なくとも1カ月以上続き、更に日常生活や仕事に影響を与えているものをPTSDといいます。


◎侵入症状(フラッシュバック)
体験の記憶が、誘因なく思い出されたり、体験に関する錯覚・幻覚が再生産されることをいいます。


◎回避と麻痺
苦痛な体験が思い出させられることを避け、記憶を意識から切り離すことです。
慢性的な無力感、無価値感が生じたり、感情や関心が狭くなり人を愛したり喜ぶことができない等の状態が生じます。


◎過覚醒
常に危険が続いているかのような張りつめた状態をいいます。
交感神経系が緊張し、些細な物音などにも反応し、パニックとなりやすくなります。


初診に適した科 ⇒ [精神科][神経科][心療内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved