選択性緘黙症(せんたくせいかんもくしょう)

選択性緘黙症(せんたくせいかんもくしょう)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>精神(こころ)系>>選択性緘黙症(せんたくせいかんもくしょう)
カスタム検索

選択性緘黙症(せんたくせいかんもくしょう)
選択性緘黙症の基本的な特徴としては、言語理解や発語などの能力は正常だが、一部の生活場面(例えば学校や友だちとの遊びの場面)で沈黙を続けることです。
発症となるきっかけが不明なことが多く、入園や入学などで気づくことが多いものです。


一般に、発症は5歳以前が多いと云われています。
しかし、家庭では普通に会話をしていること、学校では周囲に迷惑を及ぼすことがほとんどないために問題視されずにいることもあると云われています。
男児より女児にやや多い傾向にあるようですが、その理由は不明です。


初診に適した科 ⇒ [小児科][精神科][神経科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved