愛情遮断症候群

愛情遮断症候群

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>子供>>愛情遮断症候群
カスタム検索

愛情遮断症候群
家族関係等の問題によって、子供が十分な愛情を感じられない状態で育った結果、成長や発達の遅れが生じることをいいます。
乳幼児に多くみられ、子供は愛情だけでなく、十分な栄養も与えられていません。
母親など養育者が深い悩みを抱えていたり、うつ状態であったり等、適切な子育てができないことが原因です。
養育者自身が、子供時代に十分な愛情を受けて育っていない場合に、世代を超えて子育てに影響すること(世代間伝達)もあります。
症状としては、栄養障害・子供の心理的な変化や行動異常(目を合わせない・表情に乏しい・抱きついたり寄り添ったりしない・親に抱かれるのを嫌がる・寝つきが悪い・かんしゃく等)がみられます。


初診に適した科 ⇒ [小児科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved