老人性難聴

老人性難聴

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>お年寄り>>老人性難聴
カスタム検索

老人性難聴
お年寄りにみられる聴力の年齢の変化に伴う症状のことを老人性難聴といいます。生理的変化には様々な個々人の身体的条件に影響されていることもあります。そのため、実際の難聴の程度には個人差があると云われています。
加齢に伴い、内耳から脳へと音を伝える神経経路や中枢神経系に障害が現れたり、内耳蝸牛の感覚細胞が障害を受けたり、内耳蝸牛の血管の障害が起こったり、内耳内での音の伝達が悪くなったりします。これらの原因により難聴が発生すると云われています。
難聴が発生した場合、ただ単に音が聞こえなくなっただけでなく、音は聞こえるが何をいっているかが判らないという状態も頻繁にみられます。これは言葉の聞き取り能力の低下といい、老人性難聴の特徴です。一般的に、この聞き取り能力の低下は50〜60代にかけて顕著になってくると云われています。


初診に適した科 ⇒ [耳鼻咽喉科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved