梅毒

梅毒

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>STD(性感染症)>>梅毒

梅毒
梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌による慢性の全身性感染症で、症状のある顕性梅毒と症状のない潜伏梅毒に大別されてます。
感染力のある初めの2年を早期梅毒(1期梅毒/2期梅毒)、それ以降の感染力が無くなる時期を晩期梅毒と呼びます。
近年は入院や手術などの時の血液検査で偶然発見される潜伏梅毒がほとんどだと云われています。


1期梅毒の症状は、感染後3週ころにシコリ(初期硬結)が生じ、その後、軟性下疳(げかん)と呼ばれる潰瘍を形成します。
男性では亀頭、包皮内板、女性では小陰唇、陰唇後連、子宮頸部に多発します。
2期梅毒の症状は、感染後3カ月頃から、全身に梅毒性バラ疹、丘疹などが発症します。これらの症状は数週から数カ月で無くなります。


初診に適した科 ⇒ [泌尿器科][性病科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved