食生活

食生活

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>健康に日々過ごすために・・・>>食生活
カスタム検索

食生活
高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの病気は、日常生活の積み重ねが発症に影響することから、生活習慣病と呼ばれています。日常生活で最も強い影響を与えるのが、毎日の食事です。


現代では、お米を代表とする炭水化物の摂取は減少し、脂肪の摂取の著しい増加が特徴です。さらに不規則な食事、栄養の偏った食生活が指摘れています。このようなことが長期にわたると、生活習慣病を招きます。


例えば、塩分のとりすぎは高血圧を招き、動物性脂肪のとりすぎは糖尿病や高脂血症の誘因になります。さらに高血圧、糖尿病、高脂血症などは動脈硬化を促進させ、最終的に脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険があります。


外食の多い人は、栄養バランスが崩れがちです。一品料理でなく定食をとる、野菜料理などを追加する、酒をひかえるなどで、適正なカロリー量とバランスのとれた栄養を意識的に心がけていく必要があります。


悪い食事のとり方には、食事の時間が不規則/朝食抜きなどの欠食/夜遅い食事/早食いなどはその代表です。
これらのような食生活は、必要な栄養が十分にとれず、肥満の原因ともなります。毎日3食を、規則正しくとるようにしましょう。
食事は楽しくゆっくり、よく噛んで食べることが大切です。


初診に適した科 ⇒


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧


スポンサードリンク
消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved