慢性肺性心

慢性肺性心

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>呼吸器系>>慢性肺性心
カスタム検索

慢性肺性心
肥大した右心室が強く血液を肺へ送ろうとすることによって、肺の血管が抵抗を強めるような場合に、その右心室は負担に耐えきれなくなり、右心室の慢性的な機能不全という状態が起こります。
これを慢性肺性心といいます。
肺気腫・気管支喘息・肺結核・慢性気管支炎・脊柱弯曲症などのほか、肺の血管疾患が原因になります。
症状としては、身体を動かすと呼吸困難があり、多量の痰を伴った咳や気管支喘息を伴うこともあります。
呼吸は安静時でも激しく、多くの場合、胸部痛があり喀血をみることもありチアノーゼもみられます。
さらに症状が進むと右心不全を起こし、失神・めまい・眠くてしかたがない状態などの脳障害・肝腫大・末梢のむくみ・頸静脈の怒張・腹水などが起こってきます。


初診に適した科 ⇒ [呼吸器科][循環器科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved