アルコール性神経障害

アルコール性神経障害

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>脳・神経系>>アルコール性神経障害
カスタム検索

アルコール性神経障害
飲酒量が多いアルコール依存症の人は、ビールで5本以上、日本酒換算だと1日5合程度毎日飲んでいることが多々あります。
このような場合は、偏食になりやすく、ビタミンB1・B6・B12が不足気味となります。
特にビタミンB1がアルコールの代謝に使われるため、慢性的にB1不足状態になります。
このようなことから、ビタミン不足により障害が神経の各部位で起こります。
つまりアルコールが原因というよりは、一緒によく起こるビタミン不足による疾患症状がみられることが多々あります。


アルコールをやめると手が震えたり、せん妄(集中力の低下や錯覚等を起こす)状態になってしまうのは、禁断症状で「振戦せん妄」と言われています。
飲酒をやめてから1〜2日すると、体からアルコールが抜けて痙攣(けいれん)発作が起こることもあります。
「アルコール性末梢神経障害」の症状としては、痛み・脱力・手足のしびれ感・筋萎縮などがあげられます。


初診に適した科 ⇒ [内科][神経内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved