離人神経症

離人神経症

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>脳・神経系>>離人神経症
カスタム検索

離人神経症
現実感を一時的に喪失し持続的に、または反復的に自己の感覚が変化する疾患です。
一般的に、日本ではやや女性が多いといわれ10代後半〜20代で発症し、40歳以上での発症は稀といわれています。
症状としては、疲労感や情緒が不安定になり、てんかん・神経疾患などによって現れます。
また統合失調症や不安障害・気分障害などと関連して現れる場合があります。


初診に適した科 ⇒ [精神科][神経科][心療内科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved