アトピー性皮膚炎(アレルギー疾患)

アトピー性皮膚炎(アレルギー疾患)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>アレルギー系>>アトピー性皮膚炎(アレルギー疾患)
カスタム検索

アトピー性皮膚炎(アレルギー疾患)
多くの場合、気管支喘息・アレルギー性鼻炎・結膜炎・アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質のアトピー素因をもつ人に生じます。かゆみの強い慢性の湿疹で、悪化や軽快を繰り返します。


主に小児期に発症し、成人になって軽快することが多いのですが、成人になって再発したり、初めて発症するということもあります。
原因は、食べ物などの成分がアレルギーの原因となる物質やダニやカビなどの環境中にあるものとなり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられて、皮膚にアレルギー性の炎症を起こします。
年齢によって症状が異なり、乳児期には滲出液の多い顔面の紅斑や身体の紅斑がみられ、幼小児期になると首や四肢の関節部などに乾燥性の疾患がみられます。


思春期や成人になると全身、とくに顔面、首、胸、背などに紅斑や丘疹などの症状がみられます。
ザラザラして黒ずんだ乾燥肌のことが多く、かゆみが強いために掻破によるかき傷がみられます。
眼のまわりの症状が強い場合には、アトピー性白内障や網膜剥離を起こすことがあります。


初診に適した科 ⇒ [小児科][皮膚科][アレルギー科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved