じんま疹(アレルギー疾患)

じんま疹(アレルギー疾患)

家庭の健康・医療 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、家庭で役立つ健康・医療に関する用語や各疾患について出来る限り平易に解説しています。
家庭での健康・医療・疾患に関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
HOME>>アレルギー系>>じんま疹(アレルギー疾患)
カスタム検索

じんま疹(アレルギー疾患)
皮膚の血管から水分がもれて浮腫みを形成するために、かゆみを伴った紅斑や膨疹が現れる疾患です。
1カ月以上症状を繰り返す慢性じんま疹と数日以内に収まる急性じんま疹とがあり、重症では全身症状を伴います。


原因は様々で、食物アレルギーやその添加物をはじめ、ペニシリンなどの抗菌薬・アスピリンなどの解熱鎮痛薬・薬物アレルギー・アスピリン過敏症など薬剤によるものや虫刺症・細菌やウイルス感染・悪性腫瘍や自己の成分に対する反応、物理的刺激などがあげられます。


症状は、かゆみの強い境界がはっきりした紅斑や膨疹が突然現れ、数時間で消えたり、位置が移動したりします。
円形・地図状・線状などの形をとりますが、コリン性じんま疹では数mmの白色の膨疹が身体にみられます。
重症になると、腹痛や顔面の腫れ、喉が詰まる感じや呼吸困難がみられ、さらにはショック状態になります。


初診に適した科 ⇒ [皮膚科][皮膚泌尿器科][アレルギー科]


是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリーメニュー一覧

消化器系 循環器系 呼吸器系 脳・神経系
眼系 耳・鼻・咽喉系 歯・口腔系 腎臓・泌尿器系
アレルギー系 代謝・栄養系 皮膚系 骨・関節系
精神(こころ)系 子供の疾患 婦人の疾患 お年寄りの疾患
STD(性行為感染症) 健康に日々過ごすために・・・ お役立ちリンク集 管理人プロフィール
当サイトについて
カスタム検索

健康・医療・疾患の情報に関する注意
当サイトは豆々小事典であり、一般的な説明をするにとどまります。ご自身の健康問題に関しては、医師等の専門家に
必ず相談してください。


Copyright (C) 家庭の健康・医療 豆々小事典 All Rights Reserved