格闘技をスポーツとして楽しむ

格闘技をスポーツとして楽しむ

サイトマップ  ご利用についてのご案内



HOME>>格闘技をスポーツとして楽しむ


格闘技は正しい指導者のもと、正しい手順に従って練習すればそんなに危険なスポーツでは
ありません。


だけど、どんなスポーツでも体を動かす限り怪我等をする可能性はあります。


アスリートを目指す方は別として、趣味として格闘技を行なう場合は、自分の出来る範囲内で
楽しむ事が上達への早道となります。


すべての格闘競技はチームスポーツと異なり、他人と時間を共有しなくて済みます。


好きな時にジムや道場へ行けば一人でも練習できるから、時間に制限のある社会人でも
継続しやすいのです。


一般的なイメージとは異なり、実は格闘技こそが市民スポーツとして、特に大人の趣味として、
普及すべきものだと思います。


サンデーフアイターとか、草格闘技とか、隠れ格闘家、そんな言葉が流行語になってもおかしくは
ないんです。


 みなさん!格闘技を観ましょう!
 そして、格闘技をやって楽しみましょう!


電車の中でもたまにプロレスやPRIDEの話題で盛り上がっている年配の御仁たちが
いらっしゃいます。


たとえばプ口レスを観れば、ルールなんか説明しなくても、誰でも楽しめます。


年齢や文化、そして国籍に関係なく、人間であるかぎり格闘技を観たい、やりたいと思うことは、
もう本能みたいなものなんですね!


たとえば、野球はアメリカや日本を中心としてメジャーなスポーツです。
でも地球規模では格闘技の方がメジャースポーツです。


サッカーは最近、日本でようやく注目されるようになりました。
※ ちなみに僕はサッカー少年でした・・・・その頃はサッカーが本当にマイナーでした(涙)


そうやって、現在はさまざまなスポーツがあり、それによって技術や身体能力の競争をしている
わけです。


そして動物としての本能があるかぎり、その最も原始的な形態である格闘技に人間が魅かれない
はずがないのです。


つまり地球規模でみても、格闘技は超メジャーなスポーツなのです!




現在、多くの格闘技ジムや道場では、老若男女を受け入れるクラス別のシステムを導入して
いますので、個人の目的や体力に応じて趣味として、そしてスポーツとして格闘技を楽しめる
環境が整っています。


「そうはいっても殴られたり蹴られたりするんじゃないのかなぁ〜」
と思われる方もいるかも知れませんね!


しかし、たとえばボクシングでも本気で殴りあうスパーリングなど、世界ランカーのボクサーでも
試合直前しか行なわないものなのです。


実際に格闘技をやってプロ格闘技を観るのと、単に観ているのとでは楽しさが全然違います。


本当ですよ。


格闘技用品 一覧
総合格闘技
キック&ボクシング
空手
柔道&柔術
レスリング
テコンドー
トレーニング用品
   トレーニング器具
   トレーニングウエア
   サプリメント
ユーティリティグッズ
   サウナスーツ
   プロテクター等
その他の格闘技情報
格闘技用品通販サイト
道場&ジムのご紹介

LINK集
このページのトップへ戻る
Copyright(C) 格闘技用品 オクタゴン
http://www.sh-w.net/octagon/
All Rights Reserved
格闘技用品 オクタゴン[コンテンツ]メニュー一覧
総合格闘技の基礎知識 空手の基礎知識 柔道の基礎知識 柔術の基礎知識 キックボクシングの基礎知識 日本格闘技の歴史
格闘技をスポーツとして楽しむ 格闘技のトレーニング 格闘技のための食事 護身術としての格闘技